zouka_wbclip.png50.png50.png50.pngmenu_home.pngmenu_home.pngspace_10+10.pngspace_10+10.pngmenu_iedukuri.pngmenu_iedukuri.pngspace_10+10.pngspace_10+10.pngmenu_dentokenchiku.pngmenu_dentokenchiku.pngspace_10+10.pngspace_10+10.pngmenu_vitaminhouse.pngmenu_vitaminhouse.pngspace_10+10.pngspace_10+10.pngmenu_sekojirei.pngmenu_sekojirei.pngspace_10+10.pngspace_10+10.pngmenu_kengakukaisoudankai.pngmenu_kengakukaisoudankai.png

社寺建築と古民家再生

宮大工の世界とは

宮大工の世界とは …
伝統的な建築の新築や改修は、やはり宮大工でなければ難しい点があります。材料の取り方一つにしても専門的な知識と技術が必要だからです。特に社寺建築の場合は木割と言って間隔や隙間、反り方や材料の大きさなどに基本的な決まりはありますが、それらは宗派により年代によって大きく異なってきます。そして神社の場合は神明造り・八幡造り・住吉造りなど様式も多様です。建築技術もさることながら、それら決まり事に関する知識がとても重要となるのが宮大工の世界です。
私たちは伝統的建物の維持改修に携わることで、私たちが得た宮大工の技術と智恵を若い世代に伝承し、次の百年へ繋げていきたいと考えています。


次の時代にどう対応するのか
これからの寺のスタイル

  今、本堂に椅子のない寺が無いように、
  世の中の移り変わりと共に寺も変化して
  いく必要があると思います。寺の

…続きを読むスペースw10h10.pngスペースw10h10.png

正久寺住職.jpg


宮大工として社寺建築に思うこと
社寺建築とメンテナンス

  千年の時を経て未だしっかりとした寺社が
  あります。一方、歪み傾いている寺を見か
  けることも少なくありません。それら…

…続きを読むスペースw10h10.pngスペースw10h10.png

伊藤亀井.jpg


将来のために今すべきこと
維持し発展させたい

  これからの時代は様々な理由から将来的
  な寺の維持が難しくなることと思います。
  だからこそ今できる限りの…

…続きを読むスペースw10h10.pngスペースw10h10.png

顕正寺住職.jpg

スペースw90h90.png
・・・・・・・・・・・・・
スペースw90h90.png

宮大工の世界とは

古民家の魅力は、その時代の優れた仕事が時を経ることで何とも言えない趣をつくり出すところにあると思います。遠い昔に建てられた家が長い年月を経て現在に残っている理由もそのあたりにあるのだと思います。
さて、古民家を現代に蘇らせる「再生」には大きく次のようなスタイルがあります。
   - 昔の風情を残しつつ、今の時代・用途に合わせて大改修するリノベーション
   - 快適な生活を古民家で維持するための現実的な改修
   - 建てた当時のスタイルを再現する修復
それぞれに改修のスタイルは異なっても、良いものを残したいという気持ちに変わりはありません。また文化財の修復とは違い、そこに住み続けることで古民家再生は意味を成します。
私たちは住む方の気持ちに寄り添いながら、その家が現在まで残ってきた理由を損なうことなく、この先も長く住まうことのできる古民家再生を考えています。

スペースw90h90.png
スペースw90h90.png