zouka_wbclip.png50.png50.png50.pngmenu_home.pngmenu_home.pngspace_10+10.pngspace_10+10.pngmenu_iedukuri.pngmenu_iedukuri.pngspace_10+10.pngspace_10+10.pngmenu_dentokenchiku.pngmenu_dentokenchiku.pngspace_10+10.pngspace_10+10.pngmenu_vitaminhouse.pngmenu_vitaminhouse.pngspace_10+10.pngspace_10+10.pngmenu_sekojirei.pngmenu_sekojirei.pngspace_10+10.pngspace_10+10.pngmenu_kengakukaisoudankai.pngmenu_kengakukaisoudankai.png

古民家再生



「復元的再築」陰翳礼讃な家
 〜古民家に美しく住まう〜



 「目の前に広がるこの景色は50年前と本当に何も変わっていないように感じる。庭木ですら私が育った頃のそのままの姿のようで、まるで夢をみているかのよう・・・」

内部の再築を終え、引っ越しをしてきた数日後に訪ねて来た婦人が発した言葉であります。
 この婦人は50年前のこの家で10代を過ごし、50年ぶりに故郷の地を訪れたという方でありました。生家近くを通りかかったところ、外部工事中の職人さんの姿を見て中を覗かせて欲しいと訪ねられて来たのです。再築を終えた家は彼女の記憶の中にある昔の姿そのままであったようで、興奮気味に当時の様子などを語っておられました。ただ、もし再築前の荒れ果てたこの家を訪ねて来ていたとしたらその記憶を呼び戻すことは出来なかったでしょう。

古民家再生space_5+5.pngこの古民家は入手時には草木が生い茂り、安易な増改築がなされ、昔の面影を消し大きくて暗い空間を有するだけの放置された建物となっていました。前所有者と仲介業者は壊して何軒かの建て売り住宅にしないかぎり買い手はつかないであろうと考えていたそうですが、借家からの立ち退きを早急に迫られ、思い立って古民家探しをしていた私の眼に留まったのです。見学をした家はたったこの一軒でしたが、下見の段階から建築士の方に同席してもらい、状態が良いことを確認した上で即購入を決めたという経緯があります。
 先のご婦人はそういった経緯は何も知らずに元実家であったこの家に50年の年月を越えて訪れたわけであります。修理を終えた家が元住人を呼び寄せたかのようなこの一コマは、この家の再築そのものが「日本の家」というものの住まい方と現代の継承方法を提示しているのかもしれません。

旧街道沿いの旧家 旧街道に隣接した隘路に建つこの古民家は、築90年の母屋、築70年の離れを渡り廊下で結ぶ入母屋四方下屋造りの建物に築120年の蔵が付属します。母屋と離れ、渡り廊下に囲まれた庭もあり、それなりな邸宅であったことが伺える古民家です。ただし、立派な田舎屋の造りではあるものの、放置された家財と安易なリフォームが古民家の良質点を消し去った状態となっておりました。

「不便でも構わないので、とにかく昔ながらの姿に戻して欲しい。」

 簡単そうに思える言葉ではありますが、請け負う側としては早々簡単な話ではなかったようです。
「そうは言っても気密性を高めるリフォームが主流なこの御時世に、サッシ等を外し木建具にするということのリスクを承知してもらえますか?二階の元の木建具なんて障子のみですよ。本当にそれで大丈夫ですか?」との確認を何度かされました。
「とにかく後々住んでからの文句は言わないので、この目障りな新建材たちを撤去して欲しい。」
 サッシを残したまま当初の木建具を内側に付ける等の案も出してはもらいましたが、「妥協せずに当初の姿に戻す。」と言い切った私の意見を尊重して頂きました。


 増改築された部分は間取りも含め元の形に戻す。新建材は全て取り払い、昔から使われている天然素材の当初の材に変える。この基本理念を最後まで貫き、建てられた当初の姿に戻す復元的再築工事となったわけです。

古民家再生① 増改築され狭くなってしまっていた通り土間を復活させる。
② サッシに変わってしまっていた建具類は蔵の中に仕舞われていた当初の建具を修理し入れ替え、意匠を取り入れたい箇所などは施主自らが入手した古い建具に手を加え使用。
③ 合板のフローリング床は無垢材の板に張り替え。ただし新しい無垢板ではなく建て壊し予定の古家の床材や畳下床材などを入手し加工した上で施工。
④ 主要部分には床暖房を入れる。空調などは壁埋め込み式にし、古民家の様式美を損なうものは全て隠した上で快適な生活空間を確保。
⑤ スタイロに変わってしまっていた古畳は、解体業者から譲りうけた状態の良い稲藁畳に全て交換し張り替え。
⑥ 風呂場や洗面所など水回りは利便性を考慮しつつ、昔ながらのモザイクタイルなどを使いながらもモノトーンのスタイリッシュな仕上げで統一。

 家の状態としては良好でしたので再建ではなく主に内装と一部の外装工事が主でありましたが、建床面積が100坪と広いこともあり、予算的にはかなり厳しい工事となりました。その中で、提示した予算でなんとか請け負って頂けるようお願いしつつ、見える部分は古材を使って今回の修理の痕跡を残さないで欲しいという要求も付け加えました。
 一見相反するかのようなこの要求は、建築士さんからの提案を元に聞き入れてもらうことができました。ほぼ全ての材を建て壊し予定の家から分けてもらった古材で賄ったのです。ガラスなども取り壊すお宅から分けてもらったゆらゆら気泡の古ガラスをできるかぎり嵌め込んで頂きました。この究極のリサイクル施工は今回の改築の象徴的な点ではありますが、一般的なリフォーム工事と比べ格段に見えない箇所の作業が多く、手間が取られる仕事でもあります。その上、細部にまでこと細かく多くの注文を出しましたので骨の折れる作業の連続であったと思います。伝統工法を貫ける職人さんたちの腕と心意気があってこそ成り立った再築だったと振り返ることができます。

古民家再生01

古民家再生02

古民家再生03

古民家再生04

古民家再生05

古民家再生06

古民家再生07

古民家再生08

古民家再生09

古民家再生10

古民家再生11

古民家再生12

古民家再生13

古民家再生14

古民家再生15


 家の佇まいはその国の文化の疑縮と言っても過言ではないでしょう。しかしながら現在の住宅では障子は愚か和室すら設けない家が多くなってしまいました。海外様式に倣った大きな採光窓の開放的な家では、明るい空間と共にストレートな光線があけすけに全てのモノを照らし出す空間が広がります。
 現代の多くの日本人は日本の薄暗い家屋を嫌い、光あふれる空間を有する家を求めて古家を壊しているのが現状のようです。そしてその後には、薄っぺらで味気ない新建材の家が建ち並んでゆきます。その行為は、世界から賞賛をあびる美しい日本家屋の様式美を殴り捨て、質感の乏しい箱を造っているだけのように私の眼には映ります。日本の美意識を育てる住環境は放棄され、文化を育んできた器としての家そのものが消えかける惨事が目の前まで迫って来ているのかもしれません。


 今回の再築を終え、この日本家屋は元の美しい姿を取り戻しました。「あなたに買ってもらってこの家は喜んでいると思う。ここに暮らしていた亡き祖母や父もきっと満足していることでしょう。」50年ぶりに訪れたご婦人から受け取った言葉がすべてを表しているように感じます。
 やわらかな光とほの暗さの美という陰影を生み出すこの美しい空間には、四季の移ろいを感じる生活が寄り添い、陰翳礼讃という言葉そのものが存在しています。


「人の人生はとても短い。けれど家は時を紡ぎながら引き継がれてゆく。」


 この再築に関わっていただいた職人さんたちの手仕事が評価され後世に繋がるよう願うと同時に、美しい日本の風景を彩る古来の民家が少しでも残ることを望んでいます。

                                    施主