zouka_wbclip.png50.png50.png50.pngmenu_home.pngmenu_home.pngspace_10+10.pngspace_10+10.pngmenu_iedukuri.pngmenu_iedukuri.pngspace_10+10.pngspace_10+10.pngmenu_dentokenchiku.pngmenu_dentokenchiku.pngspace_10+10.pngspace_10+10.pngmenu_vitaminhouse.pngmenu_vitaminhouse.pngspace_10+10.pngspace_10+10.pngmenu_sekojirei.pngmenu_sekojirei.pngspace_10+10.pngspace_10+10.pngmenu_kengakukaisoudankai.pngmenu_kengakukaisoudankai.png

伝統構法

「伝統構法をやっている」と言うと、昔ながらの入母屋でドッシリと大きな田舎風の家を想像される方が多いようです。しかし実物をご覧いただくと、決してそうではありません。構造的には伝統的な構法を用いながらも、現代生活に似合うカタチを提案しています。

造家工房では「大工の設計」を心掛けています

建築業界でも各社それぞれに特徴を持たせたデザインを競っている昨今ですが、特に住宅の場合は見た目が優れているだけでなく、人の住まいとして道理にかなった設計、心地よく生活できるデザインでなければなりません。
当社の場合それは「大工の設計」です。「大工の設計」とはシンプルな木組みを考え、バランスが良く丈夫できれいな構造を創ることです。私たち大工が丹精を込め手づくりした木組みの仕事を美しいと感じていただけるデザイン、実生活において無駄が無くシンプルで使いやすい間取、飽きの来ない空間づくりを目指しています。

設計デザイン_GR000698_w710.jpg

土壁を使った温熱環境を提案しています

例えば… 優れたデザインのドアノブがあるとします。素材や形も素敵で、指や手首に負担が無く、小さな子どもでも或は両手に物を持っているときでも、容易に開け閉めができてしまう… 些細であっても、日々の動作を考えると大きな違いです。そうやって毎日の生活をそれとなく支えてくれている。優れたデザインとはそういうものだと思います。

さて、造家工房がつくる家の特徴の一つに土壁があります。土壁は優れた蓄熱性・調湿性を備えています。そこで私たちが考えるべきは、その特性がフルに発揮できる間取や壁の配置です。生活の場としての心地さ・快適さをそれとなく支えるためのデザインとして、自然の力を利用した「土壁を使った温熱環境」を提案しています。

花を生けるように…

言うまでもなく建築は立体造形です。花を生けるように室内の空間にも奥行・高さ・明るさなどバランスを考えなければいけません。広さが優先する時代ではありません。無駄を省いてゆったりと暮らせる家がいいと思います。
また、家族の成長や生活スタイルの変化に柔軟に対応する増改築が構造的にできてしまうのも伝統構法の利点です。木組みを駆使するこの構法は、日本が世界に誇れる建築デザインだと言えます。

設計デザイン_GR000688.jpg

blockmenu_180-160.gifblockmenu_180-160.gif

blockmenu_dentokoho.gifblockmenu_dentokoho.gif
blockmenu_tsuchikabe.gifblockmenu_tsuchikabe.gif

blockmenu_tekizami.gifblockmenu_tekizami.gif
blockmenu_sekkeidesign.gifblockmenu_sekkeidesign.gif

blockmenu_takekomai.gifblockmenu_takekomai.gif
blockmenu_shokunin.gifblockmenu_shokunin.gif