アレルギーの患者数は増加している!

実は、アレルギーの患者さんは増えています。

厚生労働省の調査では、平成17年から平成23年の6年で患者数が 「急速に増加している」との結果が出ています。

●平成17年  「全人口の約3人に1人が何らかのアレルギー疾患に罹患している」

●平成23年  「全人口の約2人に1人が何らかのアレルギー疾患に罹患している」

【平成28年 厚生労働省 健康局 がん・疾病対策課アレルギー疾患の現状等 より引用】

その原因は?

このような体質の変化が起こっているのは、

  1.  住環境・食環境が大きく変わったこと
  2.  大気汚染、環境汚染
  3.  日常生活における化学物質の増加

などが関係しているといわれています。

関連記事…………すきま風が入る家、入らない家

化学物質は、吸収した人に対して健康被害を引き起こすと同時に、アレルギー反応も引き起こし悪化させているといわれています。 また、電磁波アレルギーを悪化させる要因のひとつではと疑われており、アレルギー患者が増加している原因はとても複雑です。

参考:厚生労働省 健康局 がん・疾病対策課アレルギー疾患の現状等