伝統構法

伝統構法

私自身の考え方はとてもシンプルです。
気持ちが通じ合うお施主さんがいて、理解し合える職人たちがいて、好きな木と土を使って家を建てることができるなら、それがベストだと思っています。
でもその上で、より良い家を建てる大工でもありたい。そうなると建築の構法とか、木材の産地とか、土の寝かせ具合とか、いろいろなことに私なりのこだわりがでてくるのです。

コンピュータ化、システム化が進み、いい家が簡単で楽に建つのであれば、その方がいいに決まっています。
でも私たちが考える「いい家」はそれでは建ちません。職人の手仕事や材料への妥協は、即結果に反映します。そこに私たちが考える「いい家」はありません。今の時代にあってなお、職人たちの「手でつくる家」を止めない理由はそこにあります。

伝統構法を頑に語るつもりはなく、固執もしていません。ただ、この日本でいい家を造ろうとするとき、最も道理に適っているのが「伝統構法」の応用だと思います。
だから伝統構法を用いている…… きわめてシンプルだと思っています。