WORKS

再生・リフォームの事例と実績

古民家再生

稲沢の古民家再生

 古民家再生という選択肢

住み慣れた家で過ごす老後を快適な暮らしにしたい…、子どもの代に譲るために…、或は素敵な古民家カフェを開業したい…など、古民家再生と一言で言ってもその考え方や用途は様々です。新築にはない古民家の価値を創造して見ては如何でしょうか。

<事例> 稲沢の古民家

 

築80年の納屋を会社事務所に再生

十年以上前から半ば放置されてきた築80年の納屋。まだまだシッカリしている柱や梁は補修・塗装をしてそのまま使用。壁は表面を剥がして荒壁を残し、補修して新しい土を上塗り。外壁は漆喰で仕上げました。瓦からガルバリューム鋼板に変更することで屋根を軽くし耐震性を向上させました。
隣接するガレージも建物に合わせすべて木造です。
 

 

木の建具と自然石が埋め込まれた土間が、造園業の会社らしい印象を与えている玄関。2階は一部をロフトに変え、それ以外の天井は抜いて古い梁を表しに。傷みが進んでいた屋根周りでしたが、多くの部分を張り替えることで、まだまだ使えるしっかりした躯体に変わりました。
入ってすぐが応接、両サイドに事務所と社長室を設けました。2階部分に残した小窓から適度な採光を得ることで、古民家らしく明るすぎない落ち着いた雰囲気をつくりました。

造家工房の古民家再生稲沢の古民家再生 w2000_dsf1973.jpg 造家工房の古民家再生外壁の仕上げは漆喰 造家工房の古民家再生・レトロな照明 造家工房の古民家再生深い軒が夏の暑い日差しを遮る 造家工房の古民家再生・土間玄関 造家工房の古民家再生正面左奥の階段でロフトへ 造家工房の古民家再生 造家工房の古民家再生 h2000_dsf2197.jpg応接と事務所内部 造家工房の古民家再生・土間玄関玄関の土間は事務所応接へ連続する 造家工房の古民家再生・土間玄関 造家工房の木製ガレージ木製のガレージ 造家工房の古民家再生築80年 再生前の納屋

<事例> 「復元的再築」陰翳礼讃な家

 

古民家に美しく住まう

 「目の前に広がるこの景色は50年前と本当に何も変わっていないように感じる。庭木ですら私が育った頃のそのままの姿のようで、まるで夢をみているかのよう・・・」


この古民家は入手時には草木が生い茂り、安易な増改築がなされ、昔の面影を消し大きくて暗い空間を有するだけの放置された建物となっていました。前所有者と仲介業者は壊して何軒かの建て売り住宅にしないかぎり買い手はつかないであろうと考えていたそうですが、借家からの立ち退きを早急に迫られ、思い立って古民家探しをしていた私の眼に留まったのです。見学をした家はたったこの一軒でしたが、下見の段階から建築士の方に同席してもらい、状態が良いことを確認した上で即購入を決めたという経緯があります。
 先のご婦人はそういった経緯は何も知らずに元実家であったこの家に50年の年月を越えて訪れたわけであります。修理を終えた家が元住人を呼び寄せたかのようなこの一コマは、この家の再築そのものが「日本の家」というものの住まい方と現代の継承方法を提示しているのかもしれません。

 

旧街道に隣接した隘路に建つこの古民家は、築90年の母屋、築70年の離れを渡り廊下で結ぶ入母屋四方下屋造りの建物に築120年の蔵が付属します。母屋と離れ、渡り廊下に囲まれた庭もあり、それなりな邸宅であったことが伺える古民家です。ただし、立派な田舎屋の造りではあるものの、放置された家財と安易なリフォームが古民家の良質点を消し去った状態となっておりました。

「不便でも構わないので、とにかく昔ながらの姿に戻して欲しい。」

 簡単そうに思える言葉ではありますが、請け負う側としては早々簡単な話ではなかったようです。「そうは言っても気密性を高めるリフォームが主流なこの御時世に、サッシ等を外し木建具にするということのリスクを承知してもらえますか?二階の元の木建具なんて障子のみですよ。本当にそれで大丈夫ですか?」との確認を何度かされました。
「とにかく後々住んでからの文句は言わないので、この目障りな新建材たちを撤去して欲しい。」サッシを残したまま当初の木建具を内側に付ける等の案も出してはもらいましたが、「妥協せずに当初の姿に戻す。」と言い切った私の意見を尊重して頂きました。
 
*以上の文章は古民家再生を当社にご依頼いただいたお客様の投稿であり、冒頭の一部を抜粋して表示しています。
▶︎ 続きを読む・他の画像も見る

 
 
  只今 無料相談・無料点検を実施中です。
この機会にぜひ マイホームチェックをしてみては如何ですか? 
 
 
お電話の方は
0595-96-8102 
 
ペイペイでかしこくリフォーム!
造家工房のリフォームならペイペイでのお支払いが可能です。
詳しくはお問い合わせください。