のぼの大工塾・女子大工塾

大工の予備校「のぼの大工塾」という取り組み

伝統的な日本の大工技術を、若い世代に継承するために

手から手に伝えられてきた伝統的な知識や技術は次の世代・時代に伝える義務があると思っています。家をつくる大工技術もその一つと捉え、造家工房亀井では「大工の予備校・のぼの大工塾」を主催しています。
主に大工や建築家を目指す学生、或は木工に興味のある学生(高校生、専門学校生、大学生・院生)を対象に、大工技術の講義・実技を現役宮大工が指導するという試みです。2020年秋の開校とともに数名が受講し現在も継続しています。受講生が望めば、大工の深い深いところまで知ることができる講座だと思います。

本当の大工を知ってほしいから

一般的に大工とは「住宅を建てる職人」であることは誰もが知っていることです。しかし大工にも色々な種類の大工がいて、それによって道具も仕事内容も異なるということは、あまり知られていないことだと思います。

造家工房亀井の大工は、製材した木材や丸太に墨を付け、手で刻み家を建てる、言わば昔ながらの家づくりができる大工です。ですから何が大切で、何が醍醐味かを知っています。

女性大工が教える、女性のための「女子大工塾」とは

『木工に興味があるけど、道具の使い方が分からない』『自分だけのスツールを作りたい』そんな声に応えるのが「女子大工塾!」。しかも教える大工も女性大工なので安心です。

基本から家具づくりまで

女子大工塾では道具の種類や使い方、木工の基本から作品づくりまでを二人の若手女子大工がやさしく教えます。安全に道具が使える方であれば年齢は問いません。

カトラリー、スツール、シェルフ、椅子やテーブルまで、木を使うものなら何でも作れちゃう気になってしまいますね!