設計のページ

設計思想は「古民家になる家づくり」

私たちが住宅設計において大切にしていること、それは「間取り」「材料」「技術」「住まい手の考え」の4つが一つにまとまること。
良質な国産木材や土壁などの自然素材と、伝統構法を生かした設計技術を用いることで、耐久性の高い美しい木組みの家が出来上がります。住まい手の考えを形にした設計デザイン。良質な本物の木だけが醸し出す素材の味わい。シックハウスの心配がなく、健康でストレスのない導線。永く永く住み続けていきたいと思える100年後の古民家を、いま建てている。そう考えています。

狭小地・傾斜地や家に囲まれた市街地。或いは緑豊かな山間部や海の見える分譲地など、家を考える上で立地条件は様々です。気候も違います。同じ三重県内でも、南の沿岸部と雪の多い北部山間部では家のつくりは違います。このような環境的立地条件を生かしながら、住まい手の想いをどのように家に織り込んでいくのか、それが私たち設計者のテーマだと考えています。

家に合わせるのではなく、人に合わせる

「え?住む人が家に合わせるの?」そんな大手ハウスメーカーの広告をよく見かけます。でもそれは立地条件や住まい手の考えとは別のところで考えられた家。素敵な見た目でも『何かが違う』『自分らしい場所がない』と、住んでみてから気付きます。家は人に合わせてつくるもの、その人が住まうための家を一から作るものだと、私たちは考えています。

もちろん、安全性や耐久性、心身ともに健康で快適に過ごせることなど、家としての基本を担保しながら、住まい手の想い、そのための間取りと材料、建築技術をバランスよくまとめていくことが

住まい手の想いをカタチにするためにどのような間取り、素材・材料、技術を用いるのか。そしてそのために立地条件をどう生かすのか実現するかを計画します。

私たちとハウスメーカーは何が違うのでしょうか。言うまでもなく規模が違います。使用する建築材料や工法(構法)も大きく違いますが、最も異なる点は「立地を100%生かした家づくりができるか否か」だと思います。

Q
家は欲しい、でもどんな家が良いか分からないのですが…
A

家を建てたいと考えている方でも具体的なイメージとなると、どんな家が自分に合っているのか分からないものです。でも安心してください。当社の施工事例やラフスケッチを見ていきただきながら、あなたの想いに叶うプランを組み立てていきましょう。

Q
プランがたくさん思いついて決められない
A

新居への思いで頭が一杯になってしまいますよね。当社ではもちろんジックリと話を伺いながら、その上で設計の専門的立場からメリット、デメリットをきちんと説明し、それらを踏まえてどうしたいかを相談し整理していきます。また、当社が建築をした実際の家を訪問し、見ていただくことも良い参考になると思います。

Q
自分で考えたプランを設計に入れてももらえますか?
A

必ずしもイエスとは言えません。建築的に耐候性や耐震性・耐久性に問題が生じる場合があるからです。或いは著しく整合性のないデザインや住みにくい動線なってしまうこともあります。その際は結果を示して理由をご説明しています。

Q
複数のプランから選択することはできますか?
A

プランを複数作ることは可能です。しかし、多くの方がいくつかのプランを経て最初のプランに戻ることを考えると、直感的に良いと思ったプランを基に、十分なコミュニケーションを重ねながらプランを育てていくことが良い結果を得る方法だと思います。

Q
伝統構法を生かした設計の良さは何ですか?
A

一番には歴史的に繰り返されてきた地震や災害、その経験から育まれた「木組み」独自の耐震性・耐久性の高さです。また、ライフスタイルの変化に応じた改築・増減築・部分改修に対応しいメンテナンス性などがあります。日本中にある伝統建築や古民家がそうやって現在まで現役として残っているのがその証と言えます。

Q
自然素材を家づくりに使うメリットは?
A
  • 建築材に化学物質を含まないためシックハスの心配がないこと。化学物質に敏感な方、アレルギーの不安がある方には特におすすめです。
  • 竹下地と土で作る本格的な土壁が、身体にやさしい温熱環境をつくります。
  • 使い込むほどに味わいが出てくるのが良い素材のもつ特徴です。家も同じ。年月の経過によって変わっていく素材の表情を、愛着をもって楽しめる。そこが良いところだと思います。
Q
何かおすすめはありますか?
A

木製建具はぜひ一度ご検討ください。アルミ建具とは違いイヤな結露がなく、木の風合いで室内の表情がより豊かなものに変わります。また最近では「無垢の木の家具」も人気です。既製品の家具に使用される塗料やボンドなどの化学物質を含まないオーダー家具は、健康を考える面でも優れていると思います。

Q
新築か古民家再生かに迷っています。
A

家に聞いてみましょう。当社は古民家鑑定の資格を有する工務店でもあり、古民家再生も得意分野としています。古民家を拝見・無料点検などをして、適切なアドバイスを差し上げることもできます。お気軽にご連絡ください。
古民家については、古民家とリフォームのページをご覧ください。