古民家再生

kominka saisei

一般的に「古民家再生」とは、古くなった昔の住宅を当時のままに修理復元したり、古いものの良さを生かしながら現代のライフスタイルに見合った改修をして、新たな住宅や商業施設として蘇らせることを言います。現代の技術や新建材でできた住宅よりも、百年近くを過ぎた「本物」に価値を感じる方々が増えているのです。

世代をつなぐための古民家再生

古民家にお住いの方や古い家に生まれ育った方であれば、なおさら再生という手段を考えてほしいと私たちは思います。現在古民家と言える家が新築された時代、家を立てるには多くの人手と手間、そして両親・祖父母に及ぶ蓄財が必要でした。だからこそその先の何代でも受け継ぐことのできる家を建てたのでしょう。
百年を耐えいまだ現役という古民家であっても『古いから』という理由だけで、親から受け継いだ家を簡単に壊してしまう人が少なくありません。家を物として考えれば解体するのは簡単です。しかしその家と同じ価値を持つ家を造るのはとても難しいことだと思います。時代時代に手を加え守ってきた家を、次はあなたが受け継ぎ、子や孫につなぐための古民家再生を考えてみては如何ですか。

本当は難しい古民家再生の技術

古民家とは一般的に築50年以上の年月を経た家のこと。そのほとんどは伝統的な日本の建築構造をしているため、伝統建築の構造に精通した職人でないと触ることさえ難しいと言われています。造家工房では住宅建築をはじめ長年に渡り社寺や伝統建築において培ってきた経験と、宮大工の技術をもとに、古民家再生協会や建築家と連携しながら古民家再生・改修・リノベーションなどを行っています。

まずは無料相談・無料点検を利用して賢く判断

古民家の改修や再生にはその目的に応じて様々なアプローチがありますが、そのためには家の状態を正確に把握し判断することです。途中で費用が大幅に嵩んだり、工事自体が不可能になったりということが無いように初期段階でシッカリ調査することは必須です。その上で希望する再生と予算の計画を行い、工事内容によっては公的補助金・助成金などを受けることも可能です。賢い古民家再生のための第一歩は「無料相談」「無料点検」の機会を活用することです。

◉ リフォーム・古民家再生についての助成金や工事の流れ、施工事例などを詳しくご覧になりたい方は、こちらからリフォーム/古民家再生の特設ページをごらんください。